勝たなきゃダメなんだ!

今回は2弾実装後ある程度プレイしてみての雑感。
正直参考にならんかも。
基本的なことしか書いてないのであまり期待しない方がいい。

あと2弾レビューも全部見直したよ!

2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~白編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~橙編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~紫編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~黒編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~青編~ 




2弾になってからの代表的なデッキタイプは?
最も多いのはおそらく白橙か紫橙 。
以下、多く見かけたのを紹介する。


ドゥースビート
別名騎士デッキ。騎士カテゴリユニットで殴っていき、ドゥースでしめる
発売当初は注目されいたが実はそれほど流行っているわけではなく、
ドゥースを出せたらいいな程度のデッキもちらほら。
ミフネのためにタッチ青を選択しているものが主流だが、それ以外や単色もあり。
特に橙の場合はガイランストライクを考慮に入れる必要がある。
対策には停戦平和が確実だが、要はユニットが並ばなければいいいので
適度に除去するかワイプさせることで十分。

白黒遅延
1弾環境でわが物顔をしていたうざったい白黒遅延もなりを潜めたかと思えば大間違い。
キズキやライーサ等の序盤からアドをとれるカードの追加で安定したうざさに進化した。
細かく分けるとさらに以下のように分類できる。
・ヒストリー型:大聖堂や盗賊の魂などをキズキで回収しアドを稼ぐ。
・ハンデス型:ライーサや盗賊の魂でハンデスを行いアドを稼ぐ。
・エクスカリバー型:停戦平和やライフゲインで遅延し、アプロディテなどで時代加速しエクスカリバーで
上記3種は相性がよく、基本的に混合される。

白橙ランプ
橙でSSを伸ばし厄災日、ラズーと繋げて場をリセットして高コストユニットを叩き付ける。
分かりやすく強いが、相手のユニットを除去する手段に限られるのが玉に瑕。

橙青黒CBウィニー
フルCB。「あなたのCBが発動したとき~」3種を使う。
上手くはまれば時代2に発展するターンあたりで決着がつくことも。
対処は全体除去がないと基本的に厳しい。というか白か紫がないとムリゲー。

紫橙ランプ
橙でSSを伸ばしていろいろと叩き付ける。
斉天大聖が怖いが、何度もスキルを使ってくるゼフィロンの同盟兵も脅威。
ライトニングスピアで主力ユニットを焼き、全体除去後はメルカンデ。
ウィニー系へのメタを雷流術に頼り切っている場合が多いので
そこをつけば何とかなりそうで何ともならないこともしばしば。

紫青ビート
昔からあったが嵐の進撃で一躍一線級に。
ゼノビアやメルカンデの追加も大きい。
ミフネから嵐の進撃が最も警戒すべきだが、
ウズメスキルによるフルワイプから嵐の進撃による即死なども。
停戦平和やユニット除去で防ごう。毎回同じ対処法書いてるような気がする。

黒橙ウィニー
古き良きウィニー。
2弾入ってからも正直あまり変わってない。
ラスプーチン、黒暦の司くらい?

音楽家レベル下げ系
はまれば強いんだが、大抵音楽家が除去されて笛がお荷物に。
アンジュが何枚引けるかに影響する。

他にもいろいろあるけど長くなるので没。

▼キズキライーサコンビがアホみたいにアドをとる。長引くと基本的に白黒の独壇場。
2弾白黒

▼ヒストリーはメタるべきかどうか。どうせキズキに拾われれることも多く、無視するのも手。
2弾紫橙


強くなるには?
強いデッキ、強いカードを使おう。真面目に言ってます。
プレイングによる差はよっぽど上位陣でないと影響は出ない。
基本的に凡人が考えられる範疇で最善を尽くせば事足りる。

さすがに投げやりすぎるので以下イベントモード勝率ごとの指針(80%以上は想像)
~50%:課金しよう。
     スターターに毛が生えた程度では正直厳しい。
50~60%:本当にそれは強いデッキですか?
      ネタ枠やお遊び枠はありませんか?
      ラスクロは遊びじゃねーんだよ!
60~70%:微妙にデッキのバランスが悪くなってたりしませんか?
      CA別、レベル別、コスト別に色のバランスがおかしかったりしないか?
      初見ではない場合、対戦相手のデッキ内訳やプレイのくせを憶えているか?
70~80%:メタカードが多すぎたり少なすぎたりしないか?
      デッキ調整を怠って対人メタ読みされていないか?
80~90%:ここからプレイングによる影響が出てくる(と思う)。
      SS配置パターンやCAヤード回収パターンから手札を言い当てられるレベル。
      こいつの場合、このカードは3積みでもこのカードは2積みだろとか
      熟練の感性っぽいものが働く。
90%~:リアルアカギ。狂気の沙汰ほどおもしろい。闇のカードゲームとかやってる人。

じゃあ、強いデッキや参考になるプレイングはどこで学べばいいのさ?
ググレカス。
こんなコピペブログを見てる場合じゃねぇ!


あとはデッキ構築やプレイング以外に気になることでも。

仕様変更によりニックネームを1か月変更することができなくなったため、
対人メタが成立するようになった
以前までは登録して名前変更してるかチェックしなければならず、
労力がかかる上に、よく当たる相手か判別するのが難しかった。
ニックネーム半固定化に伴い、対戦相手のデッキを憶えることは非常に簡単になった。
記憶力に自信がない場合、終了間際に捨て札置き場を開けてSSをとれば、
時代マーカー以外のカードを一目で把握できるのでおすすめ。
対戦相手別にフォルダ分けしたりしておくと後で見直しやすい。
デッキ構築やプレイングには意外と癖があるのでそれを見つけるのもまた一興。
そこから推測できることも多い。暗記に自信がある人は暗記でも構わない。
気の知れる知人にマッチングした相手のデッキを教えてもらうのも手。
その件では某氏にはお世話になりました。改めてお礼を。

ブックマーク対戦は相手がこちらを登録していない場合でも申し込みできる。
申し込み欄に出る条件はINしていてかつ対戦中(イベント途中の相手待ち含む)ではない場合。
これを利用することにより、ブックマーク対戦申し込み欄を頻繁に確認することで、
任意の人物にマッチングする可能性を大幅に上げることができる。(以下、ブクマスナイプ)
特に構築2人戦を行う際に有効なテクニックなので憶えておきたい。
2人戦後は数分あけてまたマッチング開始を始める人が多いので、申し込み欄で確認して狙い打とう。
眉唾だと思ったでしょ?実際やってみ?マジでできるから。
ただし、ログアウトしたのか判別できないのが難点。
逆に何度も同じ人と当たるなと思ったら、ブクマスナイプされていることを疑った方がいい。
8人戦は卓が立ちにくいかわりにほぼ同じ卓につける。そもそも当たらない可能性も高いけど^p^
あと、相手の生活リズムをある程度知ることができる。
というかほとんどの人が同じ時間帯にINしていることが多い。
8人戦なら生活リズムから狙ったほうがやりやすいかも。
よく見かける人の生活リズムはある程度知っておいて損はない。
相手からは監視されているか分からないので積極的に使っていこう。



▼特徴的なデッキはぜひ憶えておきたい。憶えてスナイプで基本的にOK。
 逆に対人メタされないように常にデッキ調整して内訳を変えよう。
 あらかじめ、同じ色で内容が違うデッキを3つ程度作っておくとベター。

デッキ記録