魂石のドルイド

2弾「英雄の讃歌」橙編。
2弾リミテッドでは長引くことが稀なのでレベルⅢ、Ⅳのリミテッド評価点は低め。
特にレベルⅣはかなりひどい評価になってる。

橙はあいも変わらずパワー馬鹿といった感じで汎用性も低いが、
さすがに反省したのかATK強化系も多少出てきた。
それでも基本的にダメージレースに弱い。

この色は12月28日の訂正レビューです。
評価適当すぎたのでガンガン訂正していく。 



アルバネスの闘神官 ラミカ
構築:4 リミテ:2→4
ヒストリー3つで4500/4。
ヒストリー3つも置かせるわりにはかなり地味。
イラストはいいと思います。

ガイラントの謡い手
構築:5→6 リミテ:5
ウィニー用。序盤の小競り合いで相打ち防御されにくくなる。
CBデッキだと反則的に強い。

急襲するジャガースクワル
構築:7 リミテ:8
2500と相打ち取れるレベル1は強い。時代3以降でも腐らないのも良し。
あと、小隊攻撃メタにもなるかも分からんね。

豪拳の師範代
構築:4 リミテ:1
アビリティでパワー+1000*aで何これ強いと思ったら-1000だったでござる。
/(^o^)\
ダメージレースに弱い橙にとってATK強化はありがたいが、
通常は2~3回しか使えないという痒いところに手が届かない仕様。
時代4で4000/4という汎用性の高さは評価すべきか。

坑道堀りの達人
構築:7 リミテ:5
CA3レベルⅡ。

魂石のドルイド
構築:7→9 リミテ:8
序盤のSSブーストは1ドローと同等の価値。
時代3以降で強化されるのもいい味出している。
正直、ダブルシンボルでもよかった。
なんだかんだいって1500だしそこまで強くないだろ。
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。
斉天大聖があるなら必須だがなくても普通に有用。
ランプの中では最も性能が扱いやすい。
ウィニー以外の橙ならまず3積みして問題ない。
1ターン目ルバルス鉱山から次にこいつ出す動きはアホみたいに強い。


女拳聖 ベルカ
構築:6 リミテ:4→6
橙ならSSは溜まりやすいので6コスも苦ではない。
時代4での効果は結構えげつない。

聖地の守り手
構築:4 リミテ:3
『オーラ』ブロックマン。

斉天大聖
構築:8→9 リミテ:7→10
橙ならSSは(ry
なんだかんだで時代Ⅱからでてくることが多い。
3500で『勇猛』持ちという隙のなさはロックゴーレム愛用者なら強いことが分かるはず。
絶対評価するべきリミテで一つも10点がないのはおかしいだろォ!
はい、まったくもってその通りです。というわけでこれが10点。
スレでもいろいろ騒がれてるのでここでのレビューは控えめに。


ゼフィロンの同盟兵
構築:7→9 リミテ:5→9
2回使えば2000ダメージ。橙なら(ry
高パワー相手に相打ちをとったりと活躍の場はあるはず。
君、よく見たらシングルシンボルだったのね。

先陣を切る狂戦士
構築:1 リミテ:1→2
さすがレベルⅣコモンである。

大地の化身
構築:1 リミテ:3→5
2弾唯一のCA3レベルⅢ
白黒の高レベルは『オーラ』持ちが多いので役立つこともあるかもしれない。
でも大抵ソウルストーンソーサレスの方が有用。

土皇の子 エルトバウテル
構築:5 リミテ:2
環境次第。
『オーラ』防御付与はありがたいので
『ソウルチェンジ』とか関係なく普通に出しても強い。

突破する鋼角
構築:7 リミテ:7
おそらく橙の中では最も使えるCA3レベルⅠの2000。
橙主力ならどんなデッキコンセプトでも3積みされそう。

巴御前
構築:7→5 リミテ:6→7
ATKも上がるので優秀なダメージソース。時代Ⅳなら平気で4000,4500になる。

ドラコニアの族長
構築:5 リミテ:5
小隊攻撃したユニットをすべてパワーパンプするため相手は止めにくい。
ダメージレースには弱いので「このユニットが対戦相手にダメージを与えたとき」系の効果を
持つユニットと組み合わせたいが、そこまで準備する価値のあるユニットがいるだろうか。

不敵なる勇士
構築:2 リミテ:3→6
筋肉モリモリマッチョマンの変態だ。
よく考えたら3500のシングルシンボルこいつだけだった。
構築ではロックゴーレムたんの方が安定する。


ガイランストライク
構築:8 リミテ:6
フレーバテキストの投げやりっぷりやどこらへんが奇跡なのかと話題が絶えない。
だが効果は強烈でアンブロッカブルにつければ、
自分の全ユニットのATK分のダメージを相手に与えられるという切り札感。
このカードの存在により終盤はチャンプブロックを半強制できることも多い。

強行突破
構築:2 リミテ:2
「このユニットが対戦相手にダメージを与えたとき」系につけるくらいしか・・・

神域の蹂躙
構築:5 リミテ:8
環境次第。2弾リミテでは唯一のヒストリー破壊手段なので重宝する。
ホーリーハンマー? 知らんなそんなもの。

祖霊からの助力
構築:6 リミテ:7
リミテでは数少ないコンバットトリック要員。

橙の宝樹
構築:6 リミテ:7
「すべてのユニット」が対象で「対戦相手のみ」選べない点で
大地の加護の効果より優れる。
除去手段のほとんどを防げるため、選択系効果に頼っているデッキには大いに刺さる。

魂の予言所
構築:3 リミテ:1
配置した地点では-1アドなのを忘れてはならない。

パワーサークル
構築:2 リミテ:2→1
傭兵酒場2号。
「このユニットが対戦相手にダメージを与えたとき」系と組み合わせればなんとか・・・
そんなのばっかりだな、橙。


【関連記事】
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~白編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~橙編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~紫編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~黒編~
2弾「英雄の讃歌」カードレビュー ~青編~